ウェブサイトの仕組み

1、ウェブサーバーとクライアント

ウェブページはウェブサーバの中に保存され、公開されている。ウェブブラウザでウェブパージを閲覧するには、ウェブページの保存場所を示すURLをウェブブラウザから支持する。

インターネットに接続されたコンピュータにはそれぞれユニークなIPアドレスが割り当てられている。コンピュータ同士の通信では、自分と相手のIPアドレスによりお互いの存在を認識することでデータのやり取りを行う。このIPアドレスの数字を人間が覚えやすく入力しやすい特定の文字列へ置き換えたものがFQDN出る。FQDNはホスト名とドメイン名で構成されている。ドメイン名とはインターネットにおける個々のネットワーク組織を識別するための文字列である。

なおhttpはウェブサーバーとウェブページを閲覧しているウェブ部ラウザがデータを送受信する際に用いるHTTPというウェブにおける通信プロトコルを笑わしている。

2、ウェブページとHTML

ウェブサーバーに保存されている。ウェブページはHTMLというマークアップ言語によって記述されている。HTMLで記述されたファイルのことをHTMLと呼ぶ。基本的にはウェブブラウザに表示されるウェブページとは一つのHTMLファイルのことを指す。

HTMLファイルではタグと呼ばれるコマンドによってウェブページの論理構造を記述する。また、文章の体裁などの設定は、原則としてスタイルシートと呼ばれる設定情報によって指示する。

HTMLではみだし、段落、画像、表組み、リンクなど、文章や画像などで構成されるウェブページの構造を決める。また、スタイルシートでは文字の色やサイズ、行間、行長、画像のサイズや表示位置、表示パターンなどといったウェブページの体裁を決める。スタイルシートの多くはCSSという言語で記述される。スタイルシートの使用により、あらかじめ定義されたレイアウトを複数のページに適用できるため、ページ間のデザインの統一の容易に実現できる。