クリックされやすいアプリメニューを作る

◼︎アプリメニューの表示のルール

facebookページを訪れたユーザーに対してデフォルトで表示されるアプリの数は最大4つですが、一番左側は写真が固定で表示されるようになっているので、残り3つを任意で選択できます。アプリは最大12個まで登録可能で、デフォルトで表示できるアプリ以外はユーザーは「▼」をクリックして展開することでその他のアプリを表示できます。

 ◼︎アプリの表示位置を変更する

  1. 「▼」をクリックして全アプリを表示する
  2. 場所を入れ替えたいアプリの画像にマウスを合わせる→マウスオーバーについて「▼」をクリックしない状態ではマウスを合わせても何も起こりません
  3. 表示される鉛筆アイコンをクリックする
  4. 「位置を入れ替える」の下に表示されているアプリを選択する→上にfacebook公式アプリが並ぶ アプリは上にfacebook公式アプリが表示され、その下にサードパーティが開発したアプリが表示されます。

 ◼︎アプリの画像を変更する

  1. 「▼」をクリックして全アプリを表示する
  2. 画像を変更したいアプリにマウスを合わせる
  3. 表示される鉛筆アイコンをクリックする
  4. 「設定を編集」を選択する
  5. 別ウィンドウで表示される画面から「カスタムタブの画像」の「変更」をクリックする
  6. 次に「カスタム画像をアップロード」画面が表示されるので、「change」をくりっくする
  7. 任意の画像をアップロードする

→再びfacebookページを表示すると、画像が変更されていることがわかる

◼︎アプリのメニュー名を変更する

  1. 「▼」をクリックして全アプリを表示する
  2. メニュー名を変更したいアプリにマウスを合わせる
  3. 表示される鉛筆アイコンをクリックする
  4. 「設定を編集」を選択する
  5. 別ウィンドウで表示される画面から「カスタムタブ名」のテキストを変更する
  6. 「保存」ボタンをクリックする
  7. 「OK」ボタンをクリックして画面を閉じる

→全文表示されるようにする

アプリのメニューとして表示される文字数はやブラウザによって異なりますが、PCの場合だとおよそ全角で7〜9文字程度でしょう。オーバーした文字は末尾が「・・・」と表示されてしまうので、なるべく短くわかりやすい言葉を選びましょう。

◼︎友達を招待する

  1. 管理者用パネルの右側にあるファン数を拡大メニューをクリックする
  2. 「友達を招待」を選択する
  3. 友達の中で「いいね!」をクリックしていないユーザーが表示される。なお友達は「最近のやりとり」やじぶんが作成した「リスト」自分が参加している「グループ」などでそーとして表示することができる
  4. 招待したいユーザーの名前の横にあるチェクボックスにチェックを入れる
  5. 「送信」ボタンをクリックして相手に招待メッセージを送る

→なんども招待を送るのはマナー違反

友達だからといって招待を何度も送れば必ず「いいね!」してくれるわけではありません。「いいね!」をしてくれないからといって頻繁に招待メールを送るのは失礼です。基本的に一度送って反応がなければ諦めるか、あるいは本人に直接頼んでみましょう。

◼︎メールアドレスからシェアする

メールの連絡先を知っている人にメールでfacebookページ開設の案内を出す方法です。顧客とはfacebook上で友達になっているわけではない場合が多いと思うので、顧客おメールアドレスがあるのであればメールで案内するのも良いでしょう。

  1. 「管理者用パネル」の右上にある「ファン数を拡大」をクリックする
  2. 「メールの連絡先を招待」を選択する
  3. 利用しているメールサービスの「友達を検索」をクリックする
  4. 選択したサービスの自分のアカウントやメールアドレス、パスワードを入力して認証する
  5. 連絡先画インポートされ、登録されているユーザーが表示されるので、招待を送りたい相手のチェックボックスにチェックを入れる
  6. 「送信するメッセージを確認」ボタンをクリックする
  7. 紹介メッセージを確認する「あなたはこのツールを通じてインポートしたメールアドレスに招待を送るために適切な許可及び同意を得たことに同意します。」を確認して、問題なければチェックを入れる
  8. 「送信」ボタンをクリックする

→facebookを利用していない人もいることに注意

メールアドレスに招待を送る場合、相手がfacebookを利用していない場合があります。送信する招待メッセージをカスタマイズすることができないので、突然送りつけて失礼にならないようにしましょう。また、メールアドレス取得時に企業からの案内を送ることについて、顧客から承諾を得ていることも確認してください。