ネット検索の特徴

多くの人が検索サービスを使うようになりました、実際どのくらい使われているのでしょうか。統計資料を見てみましょう。

最も利用する検索サービスは、Yahoo!が57.5%、Googleが32.8%で、この2つを合わせると90%を超えます。逆に、「検索サービスをほとんど利用利用していない」が1.8%、「わからない」が1.2%で、合わせると検索サービスを利用しないネットユーザーはわずか3.0%にすぎません。これだけ利用されているサービスは他にはあまりありません。さらにネット検索には他のサービスと違った次のような特徴があります。

利用されている検索サービスの1位がYahoo!で2位がGoogleです。3位以下はかなり少なくなり、上位2社で寡占状態です。なのでSEO対策で上位表示を目指す対象の検索サービスは、現時点においてはYahoo!とGoogleの2っだけでよいでしょう。

世界的に見ればGoogleが圧倒的にナンバーワンの検索サービスなのですが、日本においてはYahoo!がナンバーワンです。そしてそれぞれの利用者層には違いがあります。Yahoo!は10代から60代まで男女比も1:1で、幅広い層に利用されています。一方、Googleは30代、40代の男性の比率が高くITスキルの高い人が多いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です