企業で取り組むSEOで大切なこと

最近では、大規模な商用サイトもSEOをしっかり対策しているサイトが増加しています。ここでは、今後SEOを行ううえで注目していくべき項目を考えてみたいと思います。

まず1つ目は、「新たなキーワードの発見Jです。SEOを行うとき、つい「とんなキーワードで上位に表示したいな」と考えてしまいがちですが、すでに何年もSEOに取り組んでいる担当者でも、まだ気づいていないキーワードはたくさんあるものです。キワードの発見は、広告におけるコーピと同様、いくつかの法則はありますが、いろいろなキーワードを考え、実際に評価・テス卜することで作り上げられていくものだと思います。そのためには、幅広いキーワードをある程度試行錯誤ができる仕組みが求められるようになるでしょう。

2つ目は、「キーワード広告との連携」です。SEOとキーワード広告は同様にキーワードをもとに集客するものですが、すでにSEOで1位を獲得しているキーワードでキーワード広告を出稿するのが正しいのかっというのは難しい判断になります。この分野は個人にはあまり関係ありませんが、企業のマーケテイングにとっては両者の連携が重要になってくるでしょう。

3つ目は「定期的な効果測定(アクセス解析)とフィードバック」です。新しい施策を行っても、キーワード広告を出稿しても、測定しなければそれが成功したかどうががわかりません。さうに、いい方向に向がっているのかそうで、ないのかといった傾向をつかむためには、1回だけではなく継続的にくり返し効果を評価していくことが大切です。また、効果測定の結果をもとに、サイトを実際に改善する計画を立てるととも重要です。特に多くの人がサイトに関わっている企業では、関係者間で数値と現状の課題点を共有するととが大切です。関係者が同じフィードバックを感じ、協力する体制を作ることがより求められていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です