ターゲットブラウザでの表示確認と調整の流れ

大切なのは、まず XHTMLとCSSのソースコードをきちんと検証(バリデーション)しておくことである。記述ミスや 書式上のエラーがあると、スタイルがきちんと適用されないことが多 いからだ。 CSSはもちろん、 XHTMLの検証も忘れないようにしよう。 その後、 CSSサポートのよいブラウザ、やや劣るブラウザ、かなり劣 るブラウザという順序で表示確認し、調整作業を行う。実務的には IE 7とIE 6の調整作業が中心となるケースがほとんどである。 なお、どのブラウサーをターゲッ卜に含めるべきかは、 Webサイトごとに異なります。
通常、 XHTMLとCSSを制作するときには、基準ブラウザを決 め、表示を確認しながら作業を進める。いわば「最初のレイアウト固 め」に使うのが基準ブラウザだ。 CSSサポートが劣るブラウザを基準ブラウザとして 作業してしまうと、自分のせいではなくブラウザのせいでスタイルが適 用されなかったり、 CSS仕様にもとづいた正しい配置を行ってくれな いことがあるため、作業効率が著しく低下する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です