ユーザーにとっては閲覧したページが全て

Webサイト制作者は、あるWebサイトのその1ページがどんな理由で作成され、全体の中でどんな役割を果たし、さらには次にどこにつな がるかをすべて知っている。しかしユーザーはそうではない。多くの ユーザーは検索工ンジンからたどり着いたある Webサイトの 1ページ から「このページに自分の必要な情報があるかどうか?」「ないのなら ばこのサイト全体ではどうか?」「どんなサービスが提供されているのか?」など多くのことを予測しながら(この予測をメンタルモデルとい う)、その Web サイトをじっくり閲覧しようか、それともすぐに検索エンジ ンに帰ろうかという判断をしている。 すぐにユーザーを帰してしまうようなサイトでは、いくら広告などでユーザーを集めても意味がない。ターゲットユーザーが求めている情 報やサービスが“存在”することを Webサイト内のどの 1ページからも 明確に伝えていく必要があるのだ。Google Analysisなどのアクセス解析ツールを用いて、上位のコンテンツの内、1ページしか閲覧せずに帰ってしまったユーザーの数等を調べることが出来るので、割合が高かったページについては対策を行ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です