プログラム言語の役割

プログラム言語にはそれぞれ役割があり、できることとできないことがあります。
ここでは、 ホームページを作っていく上で必要不可欠な、HTML、CSS、JavaScriptの3つの言語の役割を押さえておきましょう。
HTML、CSSの具体的な書き方は第3章以降で詳しく見ていきますが、書き方よりも先に役割を理解しておくのには理由があります。
初心者の方がホームページを作っていくとき、「どこに何を書いたらいいの?」という疑問に突き当たることが多いかと思います。
どのように書くのかという構文については、インターネットで検索すると情報が得られますが、一流レストランのシェフが使う食材が日の前にあっても食材の性質を知らなければシェフと同じ料理は作れないように、「なぜ」ここに書くのかという理由が分からないまま構文だけ書き写しでも、ホームページはなかなか完成しません。
プログラム言語の役割を理解しておくと、実際にホームページを作るときに、どこに何を書けばよいのかを予測しやすくなります。
「なぜ」という疑問に対する答えが手の内にあるからです。
その結果、悩んでいる時間が大幅に減り、ホームページの作成効率もクオリティも飛躍的に向上します。
これがプログラム言語の役割を理解しておく一番の理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です