WEBサイトとフリーランス

フリーランスの人口は間違いなく増加しており、働き方の多様化は成功しているかに見えます。しかし多くのフリーランスが顧客の獲得に苦しんでいるのが実態です。現時点で1000万人を超えるフリーランスが存在すると言われており、今後も増加の一途をたどると言われていますから、彼らの生活の安定が喫緊の課題となっています。そこで具体的な問題として挙がるのが、受注の仕方です。経済産業省は定期的にフリーランスの実態をアンケートしているのですが、それによると、ほとんどのフリーランスが知人の紹介を頼りにして受注しています。もちろんそれに次ぐ形で自らの営業による受注もあるのですが、いずれにしても安定して受注できる保証はどこにもありません。  最近の受注手段として「クラウドソーシング」も注目されていますが、まだまだ見通しは明るくありません。そこでこれまでの成功事例からお勧めしたいのが、WEBサイトを運営することによる受注です。WEBサイトの多くは一般企業が所有、運営するものですが、フリーランスも同様に持つことで、顧客の獲得に繋げることが出来るというものです。上述のアンケートでは、顧客の獲得率やクライアントの増減傾向も調査されているのですが、いずれも芳しくありません。少しでも客数を伸ばすためには、WEBサイトを上手く活用するしかないのです。  フリーランスの受注ルートは、当然保険になり得ます。これまでの、知人を介した受注を継続しながら、同時にWEBサイトを通じて請け負うことも出来るからです。WEBサイトなら24時間受注し続けることが出来ますから、チャンスは飛躍的に増加します。閲覧者はすぐに発注してくれなくても、その人の記憶の片隅にでも残れば、何時か思い出して注文してくれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です