6W3Hを基本として

Webサイトで欠かせないのが、WebデザインとWebライティングでの文章作成術ではないでしょうか。なかでもWebライティングでの文章作成術はSEO(検索ジンジン最適化)にストレートに影響するきわめて大切な技術となります。しかも、一般的な書籍での文章の書き方と若干異なるところもあり、敢えてWebライティング術なるものを再確認する必要があります。例えば、一般的な文章の構成方法と言われている「起承転結」という流れは、SEOを意識したWebライティングには不向きです。検索エンジンのロボットは、文頭から検索していくため、折角適正な重要キーワードを選定しても、文章の後半で出てくるような書き方をすると、ロボットは検索クエリの対象ではないと途中で他のサイトへ移行してしまうかもしれません。かといって、不自然に文頭にいきなりもってくるのも、検索ユーザーには「わかりやすい」コンテンツと思われず、同様に他の検索結果サイトへ移られてしまう事もあるでしょう。また、同じキーワードを不自然に多用するのも作為ととられ検索エンジン運営サイドからペナルティの対象とされることもないとは言えません。一方で、一般的な文章構成術が適用できる場合もあります。例えば、よく言われる「5W1H」。Wの5つは、いつ(When)、どこで(where)、誰が(Who)、何を(What)、何で(Why)で、Hは、どうした(How)です。更にビジネス文書では、誰に向けて(Whom)、いくらで(How much)、いくつ(How many)を加えた「6W3H」というのもよく言われています。これらの要素を盛り込みつつ、ロボットやユーザーに「価値あるコンテンツ」と認めてもらえるよう文書をまとめていくことが求められます。いずれにしてもWebライティングでは、文章として不自然に感じさせず、かつ重要キーワードをできるだけ早めに記載する、といった臨機応変な文章術が求められると言えるのではないでしょうか。