問い合わせ先を示したい

◼︎問い合わせ先を示したい

文書作成者と連絡を取るための情報を記載する場合に使用します。一般的にはイタリック体で表示されます。

(サンプル)

〈body〉

〈address〉

運営会社:〈a href=”homepage/company.html”〉株式会社ABC〈/a〉〈br〉

Eメール:〈a href=”mailto:info@abc.co.jp”〉info@abc.co.jp〈/a〉

〈/address〉

〈/body〉

◼︎見出しを設定

その部分が見出しであることを示します。見出しには6段階あり、h1が一番上位、以下数字が大きくなるにつれて見出しのレベルが下がることを意味します。一般的には上位の見出しほど大きいフォントで表示されますが、実際に画面上に表示される大きさは、各ユーザーの環境設定に左右されれます。

一般的に上位の見出しほど大きなフォントで表示されますが、これは階層のレベルを◼︎的に分かりやすくするためのブラウザの動作です。この性質を利用して、フォントサイズを調整したり、テキストを強調するために〈h★〉タグを利用するのは、正しい利用法ではありませんので、注意してください。

このような効果はCSSで指定します。

また、見出しのレベルは

1、2、3、…6と順番に下がっていくべきであり、途中の見出しレベルと飛ばした利用法は避けたほうがいいでしょう。

◼︎段落を指定したい

その範囲が一つの段落であることを示します。一般的なブラウザではこの範囲の前でテキストが改行され、さらに一行分空白が挿入されます。内容が含まれていない空の〈p〉タグをいくつ並べてもブラウザに反映されるのは一つ分です。

◼︎改行させたい

HTML文書で改行を入れてもブラウザ上の表示には反映されません。ブラウザ上で実際に改行させるには、改行したい一に〈br〉タグを記述します。

コンテンツがブラウザのウィンドウの横幅に収まりきらない時は、〈br〉タグがなくても自動的に改行します。

◼︎入力した通りに表示させたい

〈pre〉〈/pre〉タグで指定された範囲のテキストはHTML文書内のの空白文字や改行などがブラウザ画面にそのまま反映されます。通常、この範囲は等幅フォントで表示されます。

〈pre〉タグで指定された範囲には〈img〉〈object〉〈big〉〈small〉〈sup〉〈sub〉タグを含めることはできません。

◼︎文章を引用したい

文章を引用する場合には次のいずれかのタグを使用します。どちらもcite属性で引用元のを指定できます。

〈blockquote〉

比較的長い文章を抜粋引用するときには〈blockquote〉タグを使用します。一般的には左右をインデント(字下げ)して表示されます。

〈q〉

段落の区切りを必要としないような比較的短い文章(インラインレベルの内容)を引用するときには「q」タグを使用します。

HTMLの仕様に沿ったブラウザでは、引用部分の前後に引用符(「”」など)をつけて表示されます。文書中で引用符をつけないよう注意してください。

文書型宣言がstrict DTDの場合に〈blockquote〉~〈/blockquote〉タグ内に直接含むことができるのは、ブロックレベル要素のみです。テキストなどを記述するときは、〈p〉〈/p〉などのブロックレベル要素で括る必要があります。

◼︎情報源を示したい

引用元などほかの情報源を参照する部分であることを示します。

〈blockquote〉タグや、〈q〉タグが文章をそのまま引用する場合に仕様するのに対し、この〈cite〉タグは、人物名や、書籍名、規格など、引用(参照)した情報の名前やタイトルを示す場合に使用します。一般的にはイタリック体で表示されます。

◼︎定義後を示したい〈dfn〉~〈/dfn〉

用語の定義をしている部分であることを示します。一般的にはイタリック体で表示されます。