文書同士の関係を示したい

  • 文書同士の関係を示したい

〈link〉タグは文書同士の関係(リンク)を定義するもので、〈head〉〈/head〉タグの間で使用します。

・rel属性

hrel属性で指定されたリンク先の文書がこのHTML文書から見てどのような関係であるのかを規定の値で指定します。

例えば、現在の文書がchapter2.htmlの場合は、次のようになります。

〈link rel=”Index”href=”../index.html”〉  indexページとの関係

〈link rel=”Next”href=”chapter3.html”〉  次の文書はchapter3.html

〈link rel=”Prev”href=”chapter1.html”〉  前の文書はchapter1.html

また、別に用意したスタイルシート用のファイルを読み込む時にも、この属性を利用します。

・rev属性

href属性で指定されたリンク先の文書から見て、このHTML文書がどのような関係であるのかを、規定の値で指定します。

属性とちょうど反対の意味になります。一般的なブラウザでは〈meta〉タグにhttp-equiv=”refresh”を指定することで、そのページをリロードさせたり、自動的にほかのページへ移動させたりすることができます。

リロードさせる場合は次のように指定します。

〈meta http-equiv=”refresh”content=”★”〉

★・・・リロードさせるまでの時間

移動させる場合は次のようにしていsします。

〈meta http-equiv=”refresh”content=”★;url=◆”〉

★・・・読み込むまでの時間

◆・・・移動先のURL(絶対パス)

ただし、こうした〈meta〉タグの機能は使用すべきではないとされている方法ですので、注意が必要です。

MIMEタイプはインターネット上でデータの種類を表すための仕組みです。メディアタイプとも呼ばれます。例えば以下のようなものがあります。

テキスト文書    text/plain

HTML文書                      text/html

XHTML文書                   application/xhtml+xml

CSS                                   text/css

JavaScript                          text/favascript

GIF画像                          image/gif

JPEG画像                        image/jpeg

PNG画像                         image/png

なお、XHTML文書の場合は、「application/xhtml+xml」を指定しますが、XHTML1.0ではHTML4.01と互換性のある書き方をした文書に限り、「text/html」を指定できると規定されています。そのため、「application/xhtml+xml」をサポートしない古いブラウザとの互換性を考えてMINEタイプを「text/html」とすることもあります。

rel、及びrev属性で取り得る値として、W3Cでは次のような値を指定しています。

Alternate                           リンクがある文書の代替バージョン

stylesheet                          外部スタイルシート

start                                   ひとまとまりの文書内の最初の文書を参照する

next                                   次の文書を山椒する

prev                                   前の文書を参照する

contents               目次

index                                 当該文書の索引

glossary               当該文書に含まれる用語の語彙解説

copyright                           著作権に関する部分

chapter                              ひとまとまりの文書中で、章である文書

section                               ひとまとまりの文書中で、節である文書

subsection                         ひとまとまりの文書中で、項である文書

appendix                           ひとまとまりの文書中で、付録である文書

help                                   ヘルプのある文書

bookmark                          ブックマーク

ブラウザによっては、ユーザーがリンク先にアクセスしやすいよう、これらの値を元にナビゲーションバーを表示する機能を持ったものもあります。