ホームページのタグ◼︎強調したい

◼︎強調したい

〈em〉〈/em〉

強調される部分であることを示します。一般的にはイタリック体で表示されます。

〈strong〉〈/strong〉

より強く強調される部分であることを示します。一般的には太字で表示されます。

◼︎上付き文字・下付き文字を指定したい

〈sup〉

上付き文字を指定します。

〈sub〉

下付き文字を指定します。

 ◼︎コンピュータ関連のテキストを示したい

コンプータのソースコードや出力結果を示すときにこれらのタグを使用します。胃パン的には〈var〉タグはイタリック体で、それ以外は等幅フォントで表示されます。

〈code〉

プログラムなどコンピュータのソースコードを示します。

〈kbd〉

ユーザーが入力する文字を示します。

〈samp〉

プログラムやスクリプトの出力例を示します。

〈var〉

変数や引数を示します。

◼︎略語や頭文字を示したい

これらのタグは、その部分が略語であるということを示します。

いずれも省略しない状態のテキストは、title属性で指定します。

〈abbr〉

1文字ずつ読み、一つの発音で表現できないような略語の場合に仕様します。

〈acronym〉

その略語を一つの単語として発音するものに対して使用します。

◼︎内容の追加、削除を示したい

どちらもHTML文書の変更を表す場合に使用します。

これらのタグは内容としてブロックレベル要素を含む場合はブロックレベル要素として扱われ、インライン要素を含む場合は、インライン要素として扱われるという特殊な性質を持っています。

〈ins〉

その部分が後から追加されたことを示し、一般的には下線が引かれて表示されます。

〈del〉

その部分が後で削除されたことを示し、一般的には取り消し線が引かれて表示されます。